セラフィットのフライパンは強火はNG?その理由とは!?

 

セラフィットのフライパンは、
強火はNGと口コミなどでも書かれていますね。

 

そこで実際に購入し説明書には、
なぜ強火はNGなのか記載があったのでご紹介します^^

 

 

セラフィットフライパンは熱伝導に優れている

 

セラフィットは熱伝導率が優れているアルミニウムで作られているようで、
フライパンの熱回りが良くなっているので強火だと焦げ付いてしまうようです。

 

また焦げ付きだけではなく劣化する原因にもなるようなので、
セラフィットのフライパンは強火で使う事がダメという事なんですね^^;

 

 

強火で使わないメリットは!?

 

料理をする際に強火でなくでも、
熱伝導率がいいので食材が弱火でも焼けます。

 

なので強火でガンガンやくよりも焦げ付きにくく、
また光熱費も他のフライパンに比べて節約できますね^^

 

その点はメリットではないかと思います。
ただ強火で料理したい人には向かないでしょう。

 

実際に夫が強火で料理を作っていた時には、
食材が他のフライパンと比べて焦げ付きやすかったようです。

 

熱伝導率がいいのでアツくなりすぎる為だと思います^^;

 

なのでセラフィットを使う場合には弱火か中火で使いましょう!